そうねんのんびり創作記

のんびり作ったものをのんびり紹介します。

Mr.クリスタルカラーのパール塗装を全色比較(3) 下地編-2

クレオスさんのMr.クリスタルカラーのカラーサンプル紹介の3回目です。

 

今回の下地色は「クールホワイト・シルバー・モンザレッド」の3種類です。 それぞれの下地色に直接クリスタルカラーを塗装しました。

 

クリスタルカラーシリーズの塗装の希釈は概ね「塗料:うすめ液=1:3」にしています。うすめ液にはクレオスさんのレベリングうすめ液を使用しました。

 

〇GX1クールホワイト

 

クレオスGX1クールホワイトで下地を作りました。

 

クリスタルカラー下地白

左から、下地塗装、X01~X08、ホワイトパールの順で並んでいます。

 

以下、それぞれの拡大です。

クリスタルカラー下地白f:id:mkhtn30:20210503135520p:plain

クリスタルカラー下地白 クリスタルカラー下地白 クリスタルカラー下地白

クリスタルカラー下地白 クリスタルカラー下地白 クリスタルカラー下地白

クリスタルカラー下地白 クリスタルカラー下地白 クリスタルカラー下地白

白を下地とすると、黒とはまた違った色合いになりました。ルビーレッドは反射光は赤系なのですが、全体は青緑系の色味に見えます。一方、サファイアブルーは全体の色味は黄色系に見えました。全体的につく色味はそれぞれの補色にあたる色が反映しているように感じました。

 

〇C8シルバー

 

クレオスC8シルバーで下地を作りました。

 クリスタルカラー下地シルバー

左から、下地塗装、X01~X08、ホワイトパールの順で並んでいます。

 

以下、それぞれの拡大です。

クリスタルカラー下地シルバーf:id:mkhtn30:20210503135520p:plain

クリスタルカラー下地シルバー クリスタルカラー下地シルバー クリスタルカラー下地シルバー

クリスタルカラー下地シルバー クリスタルカラー下地シルバー クリスタルカラー下地シルバー

クリスタルカラー下地シルバー クリスタルカラー下地シルバー クリスタルカラー下地シルバー

シルバー下地もホワイト下地同様に、光源の直接の反射光はクリスタルカラーの色が、全体の色味には補色に当たる色が反映しているように見えます。ホワイト下地程はっきりと色が変わるわけではなく、あくまでもシルバーの雰囲気が残ってくれています。


〇モンザレッド

 

C68モンザレッドで下地を作りました。数ある赤のなかでも鮮やかに発色してくれるので、お気に入りの赤です。今回、レッドではなくモンザレッドを使ったのは手持ちに余裕がある赤がこれだけだった、やっぱり好きな色で作りたかったからですね!

クリスタルカラー下地モンザレッド

左から、下地塗装、X01~X08、ホワイトパールの順で並んでいます。

 

以下、それぞれの拡大です。

クリスタルカラー下地モンザレッドf:id:mkhtn30:20210503135520p:plain

クリスタルカラー下地モンザレッド クリスタルカラー下地モンザレッド クリスタルカラー下地モンザレッド

クリスタルカラー下地モンザレッド クリスタルカラー下地モンザレッド クリスタルカラー下地モンザレッド

クリスタルカラー下地モンザレッド クリスタルカラー下地モンザレッド クリスタルカラー下地モンザレッド

予想通りというか、赤下地にルビーレッドは美しい輝きを見せてくれました。塗装前より少し赤みは薄れますが、黒下地よりもしっとりと落ち着いた反射光になりました。一方、全体的な赤みはターコイズグリーンが一番鮮やかに発色しました。補色によるコーティングの効果なのでしょうか。

 

赤のように下地に原色系の色を使ったとき、下地とは異なる系統の色の反射光とも程よく混ざり合って、いい雰囲気を醸し出してくれたのが印象的です。特にサファイアブルーやターコイズグリーンの反射光の色は赤下地によく映え、いろいろな表現に使えそうな気がしています。

 

次回は残りの、ブルー、ミディアムブルー、黄橙色、グリーンを下地にして比較します。

Mr.クリスタルカラーのパール塗装を全色比較(2) 下地編-1

クレオスさんのMr.クリスタルカラーのカラーサンプル紹介の2回目です。ここからは下地色ごとに紹介していきます。

 

今回の下地は「1000番サフ・黒サフ・アルティメットブラック」の3種類です。 それぞれの下地色に直接クリスタルカラーで塗装しました。

 

クリスタルカラーシリーズの塗装の希釈は概ね「塗料:うすめ液=1:3」にしています。うすめ液にはクレオスさんのレベリングうすめ液を使用しました。

 

 〇1000番サフ

  

1000番サフで下地を作り、その上からクリスタルカラーで塗装しました。

クリスタルカラー下地サフ

左から、下地塗装、X01~X08、ホワイトパールの順で並んでいます。

 

以下、それぞれの拡大です。

クリスタルカラー下地サフクリスタルカラーサンプル配置図

クリスタルカラー下地サフ クリスタルカラー下地サフ クリスタルカラー下地サフ

クリスタルカラー下地サフ クリスタルカラー下地サフ クリスタルカラー下地サフ

クリスタルカラー下地サフ クリスタルカラー下地サフ クリスタルカラー下地サフ

 

〇黒サフ

 

黒サフ(1500番)で下地を作り、その上からクリスタルカラーで塗装しました。

クリスタルカラー下地黒サフ

左から、下地塗装、X01~X08、ホワイトパールの順で並んでいます。

 

以下、それぞれの拡大です。

クリスタルカラー下地黒サフf:id:mkhtn30:20210503135520p:plain

クリスタルカラー下地黒サフ クリスタルカラー下地黒サフ クリスタルカラー下地黒サフ

クリスタルカラー下地黒サフ クリスタルカラー下地黒サフ クリスタルカラー下地黒サフ

クリスタルカラー下地黒サフ クリスタルカラー下地黒サフ クリスタルカラー下地黒サフ

 

 〇アルティメットブラック

  

ガイアさんのアルティメットブラックで下地を作り、その上からクリスタルカラーで塗装しました。アルティメットブラックは、メタリック塗装の下地としても重宝しています。

クリスタルカラー下地アルティメットブラック

左から、下地塗装、X01~X08、ホワイトパールの順で並んでいます。

 

以下、それぞれの拡大です。

クリスタルカラー下地アルティメットブラックf:id:mkhtn30:20210503135520p:plain

クリスタルカラー下地アルティメットブラック クリスタルカラー下地アルティメットブラック クリスタルカラー下地アルティメットブラック

クリスタルカラー下地アルティメットブラック クリスタルカラー下地アルティメットブラック クリスタルカラー下地アルティメットブラック

クリスタルカラー下地アルティメットブラック クリスタルカラー下地アルティメットブラック クリスタルカラー下地アルティメットブラック

 

写真ではわかりにくいですが、黒サフとアルティメットブラックでは、前者の方が下地のマットさが影響して若干くすんだ印象になりました。写真ではムーンストーンパールが一番わかりやすく差が出ていると思います。ただ、この差が、塗料の個性の差なのか、サフの厚さといった私の技術的な問題なのかは判断が付きかねます・・・。個人的には、アルティメットブラックを使ったほうが失敗が少なくなりそうです。

 

黒を下地とした場合、クリスタルカラーでは銀が強調され、黒さに関しては比較に使ったホワイトパールがいい色味を出してくれました。塗料としての隠ぺい力はホワイトパールの方が弱いようなので、用途に応じて使い分けができそうです。

 

メタリック塗装に下地の黒が与える影響の違いは過去記事でも紹介しています。よかったら、こちらもご覧ください。

<過去記事>

〇キャンディ塗装のカラーサンプルを作る(1) 下地黒の塗装条件を検証

 

それにしても黒下地にクリスタルカラーの各色を吹いたときの最初の色の変わり方は、何回やっても感動ものです。いい煌めきだなぁ・・・♪

 

次回は、クールホワイト・シルバー・モンザレッドを下地にして比較します。

Mr.クリスタルカラーのパール塗装を全色比較(1)

ずっと気になっていた塗料があります。それがこちら、Mr.クリスタルカラーシリーズです。

 Mr.クリスタルカラー紹介

最初にこの塗料を店頭で見つけた時、正直どんな色になるのか予想もつきませんでした。パール系の塗料ということは雰囲気でわかるものの。

 Mr.クリスタルカラー比較

 左がXC03ルビーレッド、右がXC05サファイアブルーです。ぱっと見、どちらも白いです。パール塗料のように、表面にコートして使うのかと思って一度試してみたところ・・・

 

Mr.クリスタルカラーで百式

黒下地に乗せるとどういうわけかこうなるのです。金色部はキャンディ塗装ですが、胸部がサファイアブルーに若干アメジストパープルを混ぜた色、バックパックのパイプがルビーレッドです。よかったら過去記事もごらんください。
 

<過去記事>

〇HG百式をキャンディ塗装(習作)

 

と、いうわけで今回はMr.クリスタルカラーのカラーサンプルを作ってみましたので紹介していきます。

 

家にあった原色系の塗料を下地として、下地による違いを比較していこうと思います。下地は次の9種類を用意しました。

 Mr.クリスタルカラー下地

左から、サフ1000、黒サフ、アルティメットブラック、GX1クールホワイト、C68モンザレッド、C5ブルー、C72ミディアムブルー、C58黄橙色、C6グリーン、C8シルバーです。これらにそれぞれのクリスタルカラーを乗せていきます。

 

 XC01ダイアモンドシルバー

Mr.クリスタルカラーダイヤモンドシルバー

  

 

XC02トパーズゴールド

Mr.クリスタルカラートパーズゴールド

  

 

XC03ルビーレッド

Mr.クリスタルカラールビーレッド

  

 

XC04アメジストパープル

Mr.クリスタルカラーアメジストパープル

  

 

XC05サファイアブルー

Mr.クリスタルカラーサファイアブルー

  

 

 XC06トルマリングリーン

Mr.クリスタルカラートルマリングリーン

  

 

XC07ターコイズグリーン

Mr.クリスタルカラーターコイズグリーン

  

 

XC08ムーンストーンパール

Mr.クリスタルカラームーンストーンパール

  

 

以上がクリスタルカラーシリーズでした。最後に比較として、通常のパール塗料と比較します。

 

C151ホワイトパール

C151ホワイトパール

  

 

ホワイトパールも十分に輝かしいのですが、Mr.クリスタルカラーシリーズの煌めきときめの細かさは別格です。

Mr.クリスタルカラー比較

塗料そのものの隠ぺい力は高くないので、下地の色が生きます。反射光の色味が下地色に加わって色味が変わるのが印象的でした。個人的には黄橙色にターコイズグリーンが気に入りました。黒下地に塗装した時の色が純粋な反射光の色のように見えました。

 

次回は下地色ごとの比較をしようと思います。

 

ダイの剣を作る(完) 完成だ・・・!

鞘を作っている約2週間の間に、十分に刀身を乾燥させることができました。乾燥時間としては長すぎたような気もするので、一気に完成までもっていきたいと思います。

 

ダイの剣の刀身を磨く

それでは、仕上げの磨きに入っていきます。

 

ダイの剣の刀身を磨く

乾燥直後です。それなりの光沢はありますが、反射している光源の輪郭はぼんやりとしか見えません。これを磨き上げていきます。

 

ダイの剣の刀身を磨く

#2000の紙やすりで全体を磨きました。厚めにクリアで塗装しているので、下地のシルバーを侵すことはありません。光源は全く見えなくなって少々不安にかられますが、途中経過としてはありです。

 

ダイの剣の刀身を磨く

ここからコンパウンドで磨いていきます。鏡面処理にはタミヤさんのコンパウンドを使っています。まずは一段階目、粗目です。粗目でも劇的に煌めきますが、まだまだ映り込む像がぼやけます。

 

ダイの剣の刀身を磨く

さらに細目で磨きました。磨き方にはメガネふきの布を使っています。布にコンパウンドを少量のせ、あとはひたすらこすっています。細目で磨くとかなり映る像が鮮明になりました。

 

 

ダイの剣の刀身を磨く

仕上げ目で磨くと表面はしっかり鏡面になります。刀身に映りこんだ景色が非常にクリアです。景色が映りこんだ刀身を眺めているだけで、3日はビールを美味しくいただけました。これで刀身の磨き上げが終了です。

 

ダイの剣の柄を作る

柄はホームセンターで購入した10mm厚の木材の端材を使いました。刀身から離れる程細くなるようにノコギリで斜めにカットし、彫刻刀の丸刀で芯棒を通す溝を彫りました。同じものを2本作り、芯棒を挟みます。

 

ダイの剣の柄を作る

溝にホットボンドを流し込んで、刀身の芯棒を挟みこみ、100均で購入したCクランプでしばらく固定しました。

 

ダイの剣の柄を作る

しっかり冷えて固まったところに、鞘を作ったときの残りの合皮で柄に巻いていきます。30年前、中学校のテニス部でつちかったラケットにグリップテープを巻く技術がこんなところで生きました。人生、どこで何が役に立つかわかりません。

 

ダイの剣の柄を作る

基本的に瞬間接着剤で固定できるのですが、それっぽく見えるように真鍮の鋲で固定(しているような見た目に)しました。

 

ダイの剣の柄を作る

全体に巻き終えたら、終点も鋲(と瞬間接着剤)で固定しました。

 

ダイの剣の柄を作る

柄尻の装飾もできています。これらを瞬間接着剤とホットボンドで固定すればいよいよ完成です。

 

ダイの剣の柄を作る

宝玉周辺の丸いパーツは瞬間接着剤で固定し、本体にはホットボンドで接着しました。これでいよいよ・・・

 


ダイの剣完成

完成だ・・・!この瞬間、気分は完全にロン・〇ルクです。

 

ダイの剣完成

コミックスと比較して大きさを感じていただければ幸いです。

 

旧作のアニメではダイの剣が登場する前に終わってしまったので、リメイク版ではぜひこの剣が活躍するのを期待しています。剣の輝きを眺めつつ、封印を開けたり閉めたりしながら、しばらく美味しいビールをいただきました♪

 

これでダイの剣制作記を終えたいと思います。

 

さ~て、次は何を作ろうかな♪

 

ダイの剣の完成ギャラリーは過去記事でご覧ください。

<過去記事>

〇「ダイの大冒険」アニメリメイクに触発されて、1/1ダイの剣を自作してみた。

 

YouTubeで作品紹介を始めました。動画では封印の解除の様子を見ていただけると思います。こちらもよろしくお願いします。

youtu.be

 

<追記>

制作記が完成しました。以下、各行程の記事へのリンクです。作り方はこちらをご覧ください。

〇ダイの剣を作る(1) 型紙を作って、刀身の原型を切り出す。

〇ダイの剣を作る(2) 刀身を貼り合わせて整形

〇ダイの剣を作る(3) 刀身を磨いて、磨いて、磨く

〇ダイの剣を作る(4) 宝玉を作る

〇ダイの剣を作る(5) 刀身を塗装する

〇ダイの剣を作る(6) 鞘のパーツを作る

〇ダイの剣を作る(7) ダイの剣の封印解放ギミックを作る

〇ダイの剣を作る(8) ダイの剣の封印を装飾・塗装する

〇ダイの剣を作る(9) ダイの剣の鞘を完成させる

〇ダイの剣を作る(完) 完成だ・・・!

 

ダイの剣を作る(9) ダイの剣の鞘を完成させる

封印のギミックができた勢いで、鞘を完成させていきます。

 

ダイの剣の鞘を作る 

表面は行きつけの手芸店にて購入した合皮のシートを使用しました。

 

ダイの剣の鞘を作る

800円そこそこの値段で十分なサイズがあります。これを鞘の大きさに合わせて、大雑把にハサミでカットしました。

 

ダイの剣の鞘を作る

カットした合皮を、木工用ボンドで鞘の素体に貼り付けました。

 

ダイの剣の鞘を作る

両面に合皮を貼り付けたら、中間ラインに下書きをしてハサミでカットしました。 

 

ダイの剣の鞘を作る

側面を貼り付けると、一気に鞘感が出ました。合皮が戻ろうとするので、側面は一部に瞬間接着剤を使用しています。瞬間接着剤で仮止めしたところに木工用ボンドを押し込んだ感じです。

 

ダイの剣の鞘を作る

1.5mmコスプレボードで鞘の装飾を作っていきます。

 

ダイの剣の鞘を作る

形を合わせてパーツを切り出していきます。まだ鞘に接着はしていません。

 

ダイの剣の鞘を作る

瞬間接着剤でケース状に組み上げました。

 

ダイの剣の鞘を作る

パンチコンパスでリベットを切り出しました。自由な大きさで円形にくり抜けるので重宝しています。

 

 

 

ダイの剣の鞘を作る

お気に入りPALのシャイニーアイアンを筆塗りしました。

 

 

 

ダイの剣の鞘を作る

鞘の両サイドには、合皮の合わせ目の目隠しとして、1cm幅のコスプレボードに塗装した板を貼り付けました。

 

ダイの剣の鞘を作る

鞘本体と封印は強力両面テープを使用しました。なお、竜の紋章が入ったプレートも両面テープで固定してあります。

 

ダイの剣の鞘を作る

プラ板を重ね合わせて、封印を解くスイッチを作りました。

 

ダイの剣の鞘を作る

流し込み接着剤で固定し、茶色を筆塗りしましたが、光沢があって合皮といまいちマッチしません。

 

ダイの剣の鞘を作る

プレミアムつや消しクリアーを筆塗してみました。光沢のままよりはずっと馴染んだように見えます。希釈は専用うすめ液と1:1程度です。

 

 

 

ダイの剣の鞘を作る

ベルトを止めるための鋲は、工具箱にあった真鍮たいこ鋲の針を切断して使いました。 

 

ダイの剣の鞘を作る

鋲で止まっているように見えますが、鋲の表板を瞬間接着剤で張り付けてあるだけです。合皮どうしも瞬間接着剤で固定してあります。

 

ダイの剣の鞘を作る 

100均で購入した皮(のように見える)ベルトを通して、鞘の完成です。軽く背負うことはできますが、背負って走り回ったら剥がれてしまうかもしれません。

 

鞘を作っている間に刀身もすっかり乾燥しました。あとは磨いて、柄を付ければいよいよ完成です!

 

<追記>

制作記が完成しました。以下、各行程の記事へのリンクです。作り方はこちらをご覧ください。

〇ダイの剣を作る(1) 型紙を作って、刀身の原型を切り出す。

〇ダイの剣を作る(2) 刀身を貼り合わせて整形

〇ダイの剣を作る(3) 刀身を磨いて、磨いて、磨く

〇ダイの剣を作る(4) 宝玉を作る

〇ダイの剣を作る(5) 刀身を塗装する

〇ダイの剣を作る(6) 鞘のパーツを作る

〇ダイの剣を作る(7) ダイの剣の封印解放ギミックを作る

〇ダイの剣を作る(8) ダイの剣の封印を装飾・塗装する

〇ダイの剣を作る(9) ダイの剣の鞘を完成させる

〇ダイの剣を作る(完) 完成だ・・・!